リフォームと新築(建て替え)

リフォームで失敗しないために


低価格で評判の良いリフォーム会社が集結!

>>わずか3分で11社を比較した方法はこちら!

リフォームと新築(建て替え)はどちらがいい?

リフォーム,新築,建て替え

 

リフォームするか、あるいは新築(建て替え)
するかで悩む方は少なくありません。

 

予算の都合や仮住まい期間の問題もありますので、
一概にどちらにした方が良いか迷いますよね。

 

  • 費用を重視する → リフォーム
  • 地盤沈下・老朽化している → 建て替え

 

リフォームしたほうが良い場合

 

骨組みだけ残すような大規模の全面リフォームでは、
土工事は不要で、基礎工事も補強程度で済みます。

 

解体や処分費もそのほうが安くなる場合が多いです。

 

築30年程の家でも、リフォームすれば建て替え
よりも割安な工事費用で耐震補強ができますし、
断熱性を上げて暑さ・寒さ対策ができます。

 

現在の住まいが法律に合致しない既存不適格の場合、
そもそも建て替えができなかったり、建て替えると
床面積が小さくなるケースがあります。

 

そういう場合は、全面リフォームをして
不満点を解消することができます。

 

建て替えたほうが良い場合

 

地盤が軟弱で、すでに沈下を始めている場合、
そのままにしてリフォームするのは危険です。

 

あらためて地盤調査をしたうえで、地盤改良や
杭打ちなどの適切な処置を行う必要があります。

 

その場合は、必然的に家を建て替えることになります。

 

老朽化が進んでいると、リフォーム費用が
かなり高くなることもありますので、

 

その家を残す理由がなければ、建て替えた方がよいでしょう。

 

リフォームと新築(建て替え)のメリット・デメリット

 

リフォーム

新築(建て替え)

 

メリット

 

・規模によっては住みながらリフォームができる

 

・新築より安い予算で施工できる

 

・新築比べて工期が短い

 

 

デメリット

 

・理想の間取りの実現はなかなか難しい

 

・耐久性など構造体に不安が残る

 

・目に見えない部分に劣化・損傷がある可能性があり、追加工事(追加費用)が発生することも

 

メリット

 

・目に見えない下地や躯体も新しくなる

 

間取りを自由に設計できる

 

・採光、通風、断熱、調湿などを考えて家を建てることができる

 

 

デメリット

 

・リフォームより価格が高くなる

 

・工期が長く仮住まいの期間が長くなる

 

・建て替える場合、解体費用・廃材処分費用が発生する

 

・間取りや景観をイメージしにくい

 

適正価格でリフォームするには複数社を比較しましょう


賃貸マンションにお住まいなら
退去時の修繕費を余分に請求される危険性があります。

適正価格で工事してもらうために複数の一括見積サイトに登録しておきましょう。
ご利用はすべて無料です。


タウンライフリフォーム

 


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォーム

【国家公認の全国300社以上が登録!】

詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!
・3分の入力で複数社に希望を伝えられる!
・子どもの面倒をみながら提案内容を比較!
・あなただけのリフォームプランがもらえます!


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォームタウンライフリフォーム



リショップナビ

 


リフォーム,見積もり,リショップナビ

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】

・たった1分で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム価格が半額になることも!
・工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!



リフォーム,見積もり,リショップナビリショップナビ



「タウンライフリフォーム」と「リショップナビ」の
2つに登録しておくと間違いないですね。

実際に資料を集めたらこうなりました


たった3分の入力で11社のリフォーム資料や見積もりを比較!

>>私の体験談はこちら!

リフォームの見積もり費用の抑え方 私のリフォーム体験談 一括見積サイトランキング