リフォームのローン

リフォームで失敗しないために


低価格で評判の良いリフォーム会社が集結!

>>わずか3分で11社を比較した方法はこちら!

リフォームのローンについて

リフォーム,ローン,借り入れ

 

リフォームの費用には、ローンが利用できます。

 

住宅を建てたり購入したりするときに利用
できる有担保の「住宅ローン」と無担保の
リフォーム用のローンがあります。

 

それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

無担保ローン(リフォーム用ローン)

有担保ローン(住宅ローン)

不要

抵当権

必要

早い

審査

長い

少ない(500〜1000万円)

借入限度額

多い(1億円)

短い(最長10年〜15年)

返済期間

長い(最長35年)

高い

金利

低い

少ない

諸費用

多い

 

諸費用は、登記費用や保険料などを指します。

 

ローンは、金融機関の返済能力審査に
よって借りられるか否かが決まります。

 

現在、住宅ローンを返済中の場合は、さらにリフォーム用の
借入もできるかどうか、まずその金融機関に相談しましょう。

 

有担保ローンの場合は、住宅ローンを組んでいる
金融機関以外での借り入れは難しいです。

 

中古住宅の購入と同時にリフォームをする場合は、
購入資金とリフォーム費用を住宅ローンで
一括して借り入れることができます。

 

借り入れ額は、毎月の返済が負担に
ならない範囲に抑えることが大切です。

 

無担保ローンは、返済期間が短いので、
毎月の返済負担額が大きくなります。

 

月々いくらまでなら無理なく返せるかを
しっかり計算してから決めましょう。

 

総務省「家計調査」によると、平成27年の勤労者世帯のうち
2人以上の世帯(平均世帯人員:3.39人、世帯主の平均年齢:
48.8歳)の消費支出は、1ヶ月平均315,379円です。

 

中学生以下の子どもが2人いる場合にこれくらいの
金額になると考えておけば良いでしょう。

 

以下、4人家族の場合の支出内容と費用の一例です。

 

内容

費用

家賃(住宅費)

70,000円

子どもの授業料・学費

40,000円

保険料

45,000円

通信費(携帯・パソコン)

30,000円

光熱費(電気・ガス・水道)

30,000円

ガソリン・駐車場代

20,000円

食費

60,000円

その他(交際費・雑費・趣味・理容など)

30,000円

合計

325,000円

 

固定金利と変動金利の特徴

 

金利には、固定タイプ変動タイプがあります。

 

固定タイプ

変動タイプ

・借入時に金利が決まり、期間内は変動しない

 

・最終返済金額が計算できる

 

・金利が高い

 

・期間終了後新たに固定金利が設定される段階型固定タイプでは、全期間固定タイプと比べて金利が低い

・借入後も金利が変動するため金利上昇のリスクがあるが、逆に金利が下降すれば返済額の負担が軽くなる

 

・最終返済金額が計算しにくい

 

・金利が低い

 

・毎月または半年に一回変動するものがある

 

「総返済額の少ない借り入れができるのはどちらか?」

 

金利が低いほうを選ぶ方は少なくありません。

 

金融機関によって差はありますが、
一般的に金利が最も低くなるのは、
「担保がある」かつ「変動タイプ」。

 

このの2つが同時に満たされる場合です。

 

ただ、デメリットも把握しておかなければなりません。

  • 担保が必要なため登録手続きや審査に手間がかかる
  • 保証料や事務手続手数料で最低20万円以上かかる
  • 返済期間中に金利が上がると固定タイプに
  • するより総返済額が高くなる場合もある

  • 諸費用が高い

 

変動金利と固定金利は結局どちらがいいの?

 

変動金利と固定金利にはそれぞれ一長一短があるため、
どちらかが100%おすすめというものはありません。

 

ただ、下記のように、収入や貯蓄の状況に
よっておすすめできる場合もあります。

 

リフォーム,ローン,変動,金利<変動金利がおすすめできる方>

 

 

金利変動に対応できる経済力がある場合におすすめです。

 

金利が低いときは住宅ローン減税などの補助制度を利用し、
万が一金利が上昇したときに一括返済できるケースです。

 

繰り上げ返済を活用しながら、10年程度で
完済できる経済力があるとなお良いでしょう。

 

リフォーム,ローン,固定,金利<固定金利がおすすめできる方>

 

 

収入が安定している場合におすすめです。

 

固定金利であれば、返済額が確定しているため、
将来にわたって資金計画が立てやすいです。

 

金利が上昇して家計が苦しくなることも
ないので、安心して毎月返済できます。

適正価格でリフォームするには複数社を比較しましょう


賃貸マンションにお住まいなら
退去時の修繕費を余分に請求される危険性があります。

適正価格で工事してもらうために複数の一括見積サイトに登録しておきましょう。
ご利用はすべて無料です。


タウンライフリフォーム

 


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォーム

【国家公認の全国300社以上が登録!】

詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!
・3分の入力で複数社に希望を伝えられる!
・子どもの面倒をみながら提案内容を比較!
・あなただけのリフォームプランがもらえます!


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォームタウンライフリフォーム



リショップナビ

 


リフォーム,見積もり,リショップナビ

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】

・たった1分で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム価格が半額になることも!
・工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!



リフォーム,見積もり,リショップナビリショップナビ



「タウンライフリフォーム」と「リショップナビ」の
2つに登録しておくと間違いないですね。

実際に資料を集めたらこうなりました


たった3分の入力で11社のリフォーム資料や見積もりを比較!

>>私の体験談はこちら!

リフォームの見積もり費用の抑え方 私のリフォーム体験談 一括見積サイトランキング