工事以外の費用について

リフォームで失敗しないために


低価格で評判の良いリフォーム会社が集結!

>>わずか3分で11社を比較した方法はこちら!

リフォームの工事以外の費用について

リフォーム,工事以外,諸経費,別途費用

リフォームの見積書の中には、工事の

内容とは別に必要な費用があります。

 

別途費用や諸経費、手数料などと記載されているものです。

 

これは通常、工事費用総額の10〜20%になります。

 

リフォーム会社によっては30%になるところ
もありますが、工事費用を安く抑えた分だけ
諸経費の金額をアップさせている場合があります。

 

内訳はさまざまですが、代表的なもの
には以下のようなものが挙げられます。

 

  • 仮住まいの家賃・引越し費用・駐車場代
  • 工期延長による仮住まい費用アップ
  • 増改築で必要な登記手数料や不動産取得税など
  • 住宅の名義変更にかかる費用
  • 作業員へのチップ
  • 設計費
  • ※工事費に含まれている場合と、別途計上される場合があります。

 

全面リフォームを行う場合は、仮住まいの必要があるため、
その分の家賃を前もって把握しておくことが大切です。

 

部分的に改装するケースでもお金が必要なることがあります。

 

例えば、お風呂をリフォームする際、
銭湯に通うなら入浴料がかかります。

 

 

敷地に余裕がない場合、資材置き場や工事
車輌用の駐車場を借りる必要があります。

 

家具を置いておくスペースがないなら、
トランクルームへ移動させる必要があり、
レンタル費用や運送費がかかります。

 

この場合、最短契約期間が決められていることが
多いため、予想外の出費になる可能性があります。

 

また、マンションの場合、共同スペースに駐車
するためにはあらかじめ許可が必要な場合が
ありますので、確認しておくと良いでしょう。

 

 

リフォームが大規模に及ぶ場合は、建築確認申請が必要です。

 

通常、業者に依頼しますが、手続き費用がかかります。

 

増改築で床面積が増加した場合、役所に
届出が必要な場合があり、登録手数料や
不動産取得税などがかかります。

 

印紙税を含め、税金には数万円程度のもの
から数十万円かかるものまでありますので、
担当者との打ち合わせ段階でどれくらいの
費用がかかるのか聞いてみる
と良いです。

 

上記に列挙した内容は意外と盲点になりがちですので、
思わぬ予算オーバーにならないように気をつけましょう。

 

 

ガス工事や水道管の引きなおしなどは、専門業者に
任せるため、「別途」で必要な費用になります。

 

これらの料金は、見積もりに含まれていません。

 

見積書に記載がなくても支払わなければならないので、
最終的な請求金額を必ず確認しましょう。

適正価格でリフォームするには複数社を比較しましょう


賃貸マンションにお住まいなら
退去時の修繕費を余分に請求される危険性があります。

適正価格で工事してもらうために複数の一括見積サイトに登録しておきましょう。
ご利用はすべて無料です。


タウンライフリフォーム

 


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォーム

【国家公認の全国300社以上が登録!】

詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!
・3分の入力で複数社に希望を伝えられる!
・子どもの面倒をみながら提案内容を比較!
・あなただけのリフォームプランがもらえます!


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォームタウンライフリフォーム



リショップナビ

 


リフォーム,見積もり,リショップナビ

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】

・たった1分で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム価格が半額になることも!
・工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!



リフォーム,見積もり,リショップナビリショップナビ



「タウンライフリフォーム」と「リショップナビ」の
2つに登録しておくと間違いないですね。

実際に資料を集めたらこうなりました


たった3分の入力で11社のリフォーム資料や見積もりを比較!

>>私の体験談はこちら!

リフォームの見積もり費用の抑え方 私のリフォーム体験談 一括見積サイトランキング