キッチンリフォームの見積もり費用

リフォームで失敗しないために


低価格で評判の良いリフォーム会社が集結!

>>わずか3分で11社を比較した方法はこちら!

キッチンリフォームの見積もり費用

リフォーム,見積もり,費用,キッチン

キッチン交換・設置にかかるリフォームの

見積もり費用はピンからキリまで様々です。

 

食洗器やコンロを取り入れる小規模な
ものから、アイランドキッチンを設置
するなど大規模なものもあるからです。

 

従来キッチンの解体・撤去や、壁と床の補修、
排水管の引き込みなどの要素が絡んできます。

 

それを踏まえた上で、キッチンリフォームの
見積もり費用がいくらなのか見てみましょう。

 

キッチンリフォームの費用と工期

 

リフォーム,見積もり,費用,キッチン

キッチンリフォームで最も多い価格帯は、

「31〜100万円」です(右グラフ参照)。

 

配置はそのままの状態で、システムキッチンのみの交換費用にあたり、工期は1週間程度で済みます。

 

設備のグレードによって価格が変動する点がポイントです。

 

次に多いのが、「151万円〜」です。

 

システムキッチンを新しく交換、またそれに
伴う壁や床材の撤去・新設、配管工事や下地
補修にかかる費用
にあたります。

 

それ以外に現住居の状況や諸経費により金額も左右されます。

 

工期は、2〜3週間程かかります。

 

下の表はリフォーム内容に対してかかる費用の目安です。

リフォーム内容

費用

ガスコンロとビルトインオーブンの取り替え

20万円

ガスコンロ→IHコンロへ取り替え

25万円

システムキッチンの交換(間口1800mm)

50万円

システムキッチンの交換(間口2550mm)と内装補修

110万円

壁付けシステムキッチン→ペニンシュラ型へ

200万円

壁付けシステムキッチン→アイランド型へ

400万円

 

キッチンの種類と特徴

 

リフォーム,見積もり,費用,キッチン,U型

キッチンリフォームでは、キッチン内の一連の作業とその動作を具体的にイメージしてみることが大切です。

 

そこで、シンク、コンロ、冷蔵庫の配置が肝になります。

 

上記3つが合計360〜600cmの距離にあり、
それぞれが200cm前後(2,3歩)の範囲内で
行えると、動作がスムーズに進むので楽です。

 

キッチンには、I型やU型、L型、U型(コ型)、
ペニンシュラ型、アイランド型などの種類があります。

 

その特徴を知り、暮らし方に合わせて選びましょう。

 

 

メリット

デメリット

I型

・場所をとらない
・価格が安い
・2〜3人での同時作業ができる

・間口が広すぎると動線が悪い

U型

・動線が短くて作業効率がよい
・収納スペースを広くとれる

・食材の水が床に垂れやすい
・2列の間隔が広すぎると、振り返っての作業が大変

L型

・動線が短くて作業スペースが広い
・収納が多くとれる

・コーナー部分がデッドスペースになりがち

U型(コ型)

・動線がスムーズ
・作業台が広く、収納をコンパクトにまとめられる

・コーナー部分の活用の仕方に工夫が必要
・使い方によっては振り返り回数が多くなる場合も

ペニンシュラ型(半島型)

・対面式キッチンに向いている
・家族や来客時の交流がしやすい

・広いスペースが必要
・配置の仕方によって収納部分が少なくなる場合も

アイランド型(島型)

・四方から作業できるので、コミュニケーションが取りやすい
・多人数での作業がしやすい

・オープン式なので換気方法に工夫が必要

 

 

キッチン,リフォーム,I型,特徴

I型キッチンは、シンク(流し台)とコンロが同じ面に設置されていることが多いです。

 

双方の距離が遠すぎないようにすると使い勝手が良いです。

 

最も多くの家庭で採用されているため、
他と比べてお手頃な価格で導入できます。

 

キッチン,リフォーム,U型,特徴

U型キッチンは、I型とはちがいシンクとコンロが別々の面に設置されていることが多いです。

 

双方の距離は近くなりますが、部屋の
スペースが狭い場合には適していません。

 

シンクでの作業中にもコンロが見える
ように配置することがポイントです。

 

キッチン,リフォーム,L型,特徴

L型キッチンは、シンクとコンロが別の面に設置されていますが、I型と比べて移動距離が短いです。

 

部屋が狭くても隅のスペースを有効活用することができます。

 

シンクとコンロが近いと、返って作業が
しづらくなることがあるので注意しましょう。

 

キッチン,リフォーム,U型,特徴

U型(コ型)キッチンも同様に、移動距離は短いです。

 

ただ、上手に使わないと振り向く回数が
多くて使い勝手が悪くなってしまいます。

 

ワークトップが広くとれるので、作業がしやすいです。

 

キッチン,リフォーム,ペニンシュラ型,特徴

ペニンシュラ型とは、左右の片方が

壁に面しているキッチンのことです。

 

基本的にはI型と大差ありません。

 

レイアウトによっては、収納部分が少なくなったり、設置に広いスペースが必要な場合もあります。

 

キッチン,リフォーム,アイランド型,特徴

アイランド型とは、壁に接することなく四面

から作業ができる島型キッチンのことです。

 

開放的で使い勝手は良いですが、部屋の
スペースが広くない場合には適していません。

 

手元が丸見えなので、来客が多い家庭では
常にきれいに保っておかなければなりません。

 

どの型を取り入れるべきか?

 

キッチンを交換する場合、どの型を取り入れるべきかは、
あなたの家の間取りや使い方によって変わります。

 

キッチン,リフォーム,見積もり,費用キッチンにスペースを取られたくない キッチン,リフォーム,見積もり,費用 I型
キッチン,リフォーム,見積もり,費用作業効率重視・視界を確保したい キッチン,リフォーム,見積もり,費用 L型
キッチン,リフォーム,見積もり,費用来客が多いのでおしゃれにしたい キッチン,リフォーム,見積もり,費用 ペニンシュラ型・アイランド型

 

キッチンに特にこだわりが強い上級者は、
L型やU型を導入してみるのも良いでしょう。

 

コーナー部分のデッドスペースに、左右に引き出せる
キャビネットや回転式の収納ラックなどを取り入れる
と、無駄がなく使い勝手がよいキッチンになります。

 

キッチンを移動するときは、トイレや洗面所
など水まわり設備をまとめたほうが良いです。

 

  • 給排水管が短くなるので費用を抑えられる
  • 家事の「ながら作業」がしやすくなる

 

などのメリットが得られるからです。

 

機能性を重視した選び方でも良いでしょう。

キッチン,リフォーム,見積もり,費用カウンターの下収納は奥の物を取り出しやすいスライド式にする。
キッチン,リフォーム,見積もり,費用キッチンカウンターの下部分を可動式のゴミ箱置き場にする。
キッチン,リフォーム,見積もり,費用引き出し内のデッドスペースを有効活用した収納にする。
キッチン,リフォーム,見積もり,費用カウンター上の吊戸棚をなくして開放感を生む。
キッチン,リフォーム,見積もり,費用スライド式の調味料ボックスを取り付ける。
キッチン,リフォーム,見積もり,費用キッチンの高さを身長に合わせる。

 

より具体的なイメージを持ちたい場合は、
複数のハウスメーカーや工務店に資料を
請求して施工事例を確認しましょう。

 

オンライン一括見積もり比較サービスのタウンライフ
リフォームを利用すると、国家基準をクリアした全国
300以上の優良会社の中からカタログと展示会など
の案内をもらうことができるので一石二鳥です。

 

ネット上で気になった会社を選んで提案を受け
ることで、取り入れられる型が明確になります。

適正価格でリフォームするには複数社を比較しましょう


賃貸マンションにお住まいなら
退去時の修繕費を余分に請求される危険性があります。

適正価格で工事してもらうために複数の一括見積サイトに登録しておきましょう。
ご利用はすべて無料です。


タウンライフリフォーム

 


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォーム

【国家公認の全国300社以上が登録!】

詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!
・3分の入力で複数社に希望を伝えられる!
・子どもの面倒をみながら提案内容を比較!
・あなただけのリフォームプランがもらえます!


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォームタウンライフリフォーム



リショップナビ

 


リフォーム,見積もり,リショップナビ

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】

・たった1分で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム価格が半額になることも!
・工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!



リフォーム,見積もり,リショップナビリショップナビ



「タウンライフリフォーム」と「リショップナビ」の
2つに登録しておくと間違いないですね。

実際に資料を集めたらこうなりました


たった3分の入力で11社のリフォーム資料や見積もりを比較!

>>私の体験談はこちら!

リフォームの見積もり費用の抑え方 私のリフォーム体験談 一括見積サイトランキング