リフォームの見積もり費用の抑え方

リフォームの見積もり費用の抑え方

 

リフォーム,見積もり,費用,抑え方

リフォームの見積もり費用はできるだけ安くしたいですよね?

 

 

ショールームを訪問したり、打ち合わせを進めていると、
欲がでて、気づいたら当初の予算を超えて高額な設備を
注文していたという事態になることも少なくありません。

 

 

改装工事は決して安い金額ではありませんので、
こうしたときに上手に値引きできるとお得です。

 

 

ここではリフォーム費用を予算内に抑える方法を説明します。

 

 

リフォーム,見積もり,費用,抑え方建材や設備のグレードを下げる
リフォーム,見積もり,費用,抑え方工事ヶ所を減らす
リフォーム,見積もり,費用,抑え方1社に複数ヶ所の工事をまとめて依頼する
リフォーム,見積もり,費用,抑え方決算月(3月・9月)を狙う
リフォーム,見積もり,費用,抑え方「完成見学会」や「お客様の事例掲載」に協力する
リフォーム,見積もり,費用,抑え方相見積もりをする

 

 

>いますぐコスパ最強のリフォームをするならこちら

 

 

建材や設備のグレードを下げる

 

リフォームを予算内に抑えられない場合は、
建材や設備のグレードを下げるのも1つの方法です。

 

 

その際、優先順位の低い部分の質を下げるのがポイントです。

 

 

最優先にこだわりたい部分の質を高く維持したまま、
それ以外の点で費用を下げるやり方になります。

 

 

ハウスメーカーや工務店には、建材や設備の品質を
下げず、価格のみを下げて同等の機能性を持った
代替品を提供できることがほとんどです。

 

 

工法を変えるだけで費用を抑えられる場合もあります。

 

 

>いますぐ国家資格をもつリフォーム会社から見積もり・カタログを取り寄せるならこちら

 

 

工事ヶ所を減らす

 

リフォームの見積もり費用を抑えるためには、
工事ヶ所を減らすことも効果的です。

 

 

いますぐ改装を必要とする緊急の場合を除いて、
「工事をしなくても特に問題がない箇所」を
希望から取り下げると、無駄がなくなります。

 

 

この場合も、優先順位の低い工事から減らすとよいです。

 

 

間取りの変更など大規模な工事をする場合は、
箇所別にそれぞれ改装するよりも、スケルトン
リフォームで部屋のなかの骨組みだけを残して
内装や設備を変更した方が安くなることもあります。

 

 

どちらがより安く済むのか、担当者と相談して決めましょう。

 

 

>いますぐ1番人気のリフォーム一括見積サイトを利用するならこちら

 

 

1社に複数ヶ所の工事をまとめて依頼する

 

複数社に1つ1つ箇所別に工事を依頼するのではなく、
1社に複数ヶ所の工事をまとめて依頼したほうが、
工事費用を抑えられる場合があります。

 

 

単に、1ヶ所の安値でできる工事を請け負うよりも、
まとめて引き受けたほうが大きな利益を出せるからです。

 

 

商品単品よりもまとめ買いのほうが、1つあたりの
金額が安くなると考えればよいでしょう。

 

 

売上が大きいので、大幅な値引きにも応じてくれやすいです。

 

 

>いますぐ複数のリフォーム会社から見積もり・カタログを取り寄せるならこちら

 

 

決算月(3月・9月)を狙う

 

リフォーム,見積もり,費用,時期

「決算前なので値引きします」というセールストークは、

リフォーム会社の営業マンがよく使っています。

 

 

その時期にあわせてキャンペーンをするところも多いです。

 

 

安くなるのはもちろんですが、決算月であることを
口実に値引きしてくれたリフォーム会社同士を、
さらに競争させるとより安くなる
可能性があります。

 

 

3月や9月中に契約するために、遅くてもその1ヶ月前の
2月や8月から打ち合わせを進めておくとよいでしょう。

 

 

>いますぐリフォーム提案を比較するならこちら

 

 

「完成見学会」や「お客様の事例掲載」に協力する

 

リフォーム会社は、モデルルームやショールームを
自費で設置している場合があります。

 

 

参考材料は多ければ多いほどよいですが、いくつも
施工すると、負担が大きくなるのでできません。

 

 

そこで、実際に施工した施主(お客様)の
お宅を借りて「完成見学会」や「施工中の
見学会
」を開催する会社も多いです。

 

 

自社で費用を負担するのではなく、お客様が
リフォームを通じて負担するので、会社には
設置費用がかからず、都合がよいからです。

 

 

その代わり、お客様はリフォームの工事費用を
数十万円〜100万円前後を値引きできる場合があります。

 

 

ホームページの「お客様の事例掲載」に協力する場合も、
値段を安くしてもらえることがあるので交渉してみましょう。

 

 

>リフォーム費用をおさえるために絶対に利用すべきサイトがこちら

 

 

相見積もりをする

 

リフォーム,費用,抑え方,相見積もり

リフォームをするときは、相見積もりをしてください。

 

 

同じ工事内容でも、会社によって費用が異なるからです。

 

 

相見積もりしていることを各社に伝えると、
競争が生まれるため、値引きに応じてくれやすくなります。

 

 

内訳を比較すると、各リフォーム会社の色がわかって
きますし、営業マンの提案力のちがいも認識できます。

 

 

自分好みのデザインをした建材や設備などを
見つけやすくなるのも利点の1つです。

 

 

あなたが希望するリフォーム工事の相場をより正確に
把握するためにも、最低3社から見積もりをとりましょう。

 

 

>いますぐ最安値のリフォーム会社を見つけるならこちら

 

 


 

 

このように、リフォームの見積もり費用を抑える
ためにできることはたくさんあります。

 

 

ただ、過剰に値引きの交渉をすると、建材や
設備のグレードを下げられたり、契約自体を
会社側から拒否されるケースもあります。

 

 

すると、希望するリフォームが実現できなくなります。

 

 

下請け会社などにしわ寄せがかかり、
手抜き工事も起こりかねませんので、
値引きは適度にすることも大切です。

 

 

>生活費を圧迫しないために絶対利用すべきサイトがこちら

 


適正価格でリフォームするには複数社を比較しましょう


賃貸マンションにお住まいなら
退去時の修繕費を余分に請求される危険性があります。

適正価格で工事してもらうために複数の一括見積サイトに登録しておきましょう。
ご利用はすべて無料です。


タウンライフリフォーム

リフォーム,見積もり,タウンライフリフォーム

【自宅にいながら資料比較!】

詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!
・3分の入力で複数社に希望を伝えられる!
・子どもの面倒をみながら提案内容を比較!
・国家公認の全国300社以上が登録!


リフォーム,見積もり,タウンライフリフォームタウンライフリフォームのHPをみてみる



リショップナビ

リフォーム,見積もり,リショップナビ

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】

コンシェルジュがあなたにリフォーム会社を紹介!
・たった1分で5社のプランと見積もりを比較!
・リフォーム価格が半額になることも!
・工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!



リフォーム,見積もり,リショップナビリショップナビのHPをみてみる



ベスト@リフォーム

ベスト@リフォーム

【大手リフォーム会社に特化!】

・大手のみ加盟しているので安心!
・厳選17社から選べる!
・手抜き・工事ミスのリスクが低い!



ベスト@リフォーム,見積もりベスト@リフォームのHPをみてみる



迷った場合は「タウンライフリフォーム」「リショップナビ」「ベスト@リフォーム」の
3つに登録しておくと間違いないですね。

実際に資料を集めたらこうなりました


たった3分の入力で11社のリフォーム資料や見積もりを比較!

>>私の体験談はこちら!

リフォームの見積もり費用の抑え方 私のリフォーム体験談 一括見積サイトランキング